NPO法人日本不妊カウンセリング学会は、最適な不妊治療選択の研究・実践することができるよう研究・実践を行っています。

2017年12月4日

重要


不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター認定試験
および5年後更新にともなう新たなお知らせ(2)

NPO法人 日本不妊カウンセリング学会 認定委員会

EBMに基づいた最新の知識をもって不妊の方へのカウンセリング・ケアにあたるよう、養成講座の受講(3回)から認定を受けるまでの期間に新たな規約が追加されました。また、5年後更新についても本学会活動への貢献を大きく評価する配点に変更となっております。

  1. 認定試験を受けるための養成講座の受講期間

    認定試験受験者は、養成講座の1回目の受講から認定試験を受けるまでの期間を最高5年とし、それ以内に養成講座3回の受講と認定試験を受けることとする。それ以上が経過した場合は受験資格を失う。

    初回受講が無効となった場合、受験希望者は翌年養成講座1回受講で次年度、受験資格を得る。

    1. 養成講座受講期間
    2. 認定試験期間
    3. 認定日
    2013年(春・秋)、2014年(春・秋)
    2015年(春・秋)、2016年(春・秋)
    2016年12月~2017年3月
    2017年7月
    2014年(春・秋)、2015年(春・秋)
    2016年(春・秋)、2017年(春・秋)
    2017年12月~2018年3月
    2018年7月
  2. 5年後更新のポイントの加点方法の変更  (研鑚ポイント:30pt)

    研鑽ポイント
    a) 日本不妊カウンセリング学会への出席
    5年間のうち必ず1回は参加が必須
    10pt(必須)
    b) 日本不妊カウンセリング学会へ出席し発表(筆頭演者)
    15pt
    c) 日本不妊カウンセリング学会へ出席し発表(連名者)
    連名10pt
    d) 日本不妊カウンセリング学会での発表(学会出席しない連名者)
    5pt
    e) 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座への参加
    15pt
    f) 日本不妊カウンセリング学会が主催する講座への参加 【基礎セミナー除外】
    10pt
    g) 日本不妊カウンセリング学会誌に論文掲載
    筆頭20pt、
    連名10pt
    h) そのほか不妊カウンセリングの発展や研究に寄与する活動
    • 日本不妊カウンセリング学会以外の学会での不妊カウンセリング関連演題の発表 5pt
    • 日本不妊カウンセリング学会以外が主催する不妊カウンセリング関連の研修会への参加 5pt
    • 日本不妊カウンセリング学会以外の学会誌・学術雑誌での不妊カウンセリング関連論文の掲載 10pt
    • 不妊相談やカウンセリングの実践(1~5pt)(カウンセリング活動の頻度に応じて評価します)
    何件申請があっても
    最高10ptまで

PAGETOP