NPO法人日本不妊カウンセリング学会は、最適な不妊治療選択の研究・実践することができるよう研究・実践を行っています。

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター認定規定

  1. 到達目標(概要)
    • 生殖医療に関する基礎的知識を有している
    • evidenceに基づく不妊治療の基礎知識を有している
    • 不妊患者の心理・社会的問題を理解している
    • 不妊カップルの自立的決定を促すことができる
    • Patient Centered Care(患者中心)の考えを理解し応用できる
    • 情報の適切な伝え方を知っており、それを応用できる
    • ARTのステップ、問題点、成績などについて理解しており、患者とさまざまの医療職種間をコーディネイトできる(体外受精コーディネーター)
    • カウンセリングに関する基礎的知識を有しており、それを応用できる(不妊カウンセラー)
  2. 認定申請の条件
    • 上記到達目標に到達していること
    • 不妊カウンセラ-・体外受精コ-ディネ-タ-養成講座を3回以上受講していること
    • 申請時NPO法人日本不妊カウンセリング学会の会員であること ※
    • 初回受講より5年以内であること
  3. 認定の更新
    • 認定の更新は、認定後5年ごとに行う
    • 認定の更新条件は、下記の通りとする。
    • 下記の点数を合計30点以上取得していること
      点数は以下の点数の合計で計算します。(重複はしない)
      1. 日本不妊カウンセリング学会への出席 10点
      2. 日本不妊カウンセリング学会へ出席し発表15点
      3. 日本不妊カウンセリング学会へ出席し発表連名者10点
      4. 日本不妊カウンセリング学会での発表(学会出席しない連名者7.5点)
      5. 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座への参加 15点
      6. 不妊カウンセリングスキルアップセミナーへの参加 15点
      7. 日本不妊カウンセリング学会誌への投稿(筆頭20点、連名10点)
      8. 日本不妊カウンセリング学会以外の学会での不妊カウンセリング関連演題の発表(筆頭5点、連名2.5点)
      9. 日本不妊カウンセリング学会誌以外の学会誌・学術雑誌での不妊カウンセリング関連論文の投稿(筆頭5点、連名2.5点)
      10. そのほか不妊カウンセリングの発展や研究に寄与する活動(点数は認定委員会で評価します。該当すると思われる活動は全てご報告お願いします。)
      注 ※ a とb ・ a と c ・ b と c を重複してポイントは数えられない。
  4. 試験実施方法
    • 筆記試験と面接試験を行う。
    • 試験は、12月~3月、大阪、福岡、仙台、東京で行う。
    • 認定費用は\15,000で認定申請と同時に所定の方式に沿って振り込まれるものとする。不合格者に認定費用は返金しない。申請後何らかの理由でその年度内に受験されなかった場合でも、費用を返金しない。
    • 筆記試験で不合格の場合は、同年度内2回まで受験できる。追加費用を徴収しない。
    • 面接試験での不合格の場合は、年度内の再受験はない。
  5. (2003年3月16日作成)

PAGETOP